信和グループ
閉じる

信和建設が目指す100年続く住まい

VOL.6

【ルネス工法】のメリットについて

空き家が増え続けています。マンション・アパートの空き部屋も含めた空き家総数は、およそ20年後に全国で2000万戸を超えるとみられています。少子高齢化と人口減少が進む中、戸建てもマンションも、空き家となるリスクとは無縁ではありません。さらにその先には、空き家の老朽化という問題も控えています。国土交通省が促進している【長期優良化住宅】
それらに基づいた“スケルトン・インフィル住宅” に最適と言われる【ルネス工法】のメリットについて今回はご紹介したいと思います。

ルネス工法により入居者の3大不満を解決!

一般に日本の住宅寿命は30年あまりと言われていますが、私たち信和建設が目指すのは100年続く住まいと豊かなコミュニティづくり。全国実績NO.1を誇る“ルネス工法”により、

①広大な収納スペースの確保
②すぐれた遮音性の確保
③良好な採光性の確保

という入居者の3大ニーズを実現します。
同時に、ルネス工法は、時代のニーズに合わせてリフォームがしやすいだけではなく、設備のメンテナンス等でオーナー様に建築後のコスト削減をもたらします。このように、ルネス工法は、「入居率の向上」と「経営コストの削減」を実現する大きな強みとなります。

土地活用ガイド一覧へ