土地活用、マンション経営なら、信和建設にお任せください

土地をお持ちの方

無料で最適な活用プランをご提案!

お電話でのお問い合わせ(受付時間 9:00〜 18:00)
フリーダイヤル0120-567-169

信和総研

相続税について知る

相続税

財産は現金で相続するよりも、賃貸不動産で相続する方が税金面では大変有利です。

現金を預貯金で持っていても、現在はほとんど利息がつきません。まして相続の際の税の評価となれば、現金や預貯金は額面全額そのままの100%の評価となって、相続税が発生してしまいます。これに対して賃貸不動産は、時価より評価が下がることが期待できますので、現金で相続するより大変有利と言えます。

たとえば1億円の資産があるとして、現金で相続するとなると、相続税の軽減効果はありません。ところが、建物5,000万円・土地5,000万円の収益不動産を購入し、賃貸したとすると、相続税の評価は次のようになります。

 ①建物の評価額=購入価格の50~60%の固定資産税評価額=5,000万円×50~60%=2,500~3,000万円。これを賃貸にするので「貸家」となり、借家権割合30%(借地権割合は場所により異なります。)が控除されるので、2,500~3,000万円×70%=1,750~2,100万円が相続税評価額となります。

 ②土地の評価額=購入価格の約80%=5,000万円×80%=4,000万円。さらに賃貸にするので「貸家建付地」となって、借地権割合×借家権割合が控除できるので、4,000万円×〔1−(0.6×0.3)〕=3,280万円が評価額となります。
※上の例は相続税評価額が時価の80%であると仮定しています。

 建物と土地の評価額の合計は、1,750~2,100万円+3,280万円=5,030~5,380万円。現金で持っていれば1億円がまるまる評価額となりますが、不動産を購入し相続に備えれば、5,380万円と半額程度の評価額で済むことになるのです。

img_03.jpg

 

 

あなたにぴったりの土地活用、投資プランを無料でご提案します。

土地をお持ちの方へ

弊社の専門スタッフが
あなたの土地にぴったりの
ご提案をします

無料提案を依頼する

資料請求

お困りごとやご要望など
お気軽にお問い合わせください

無料資料を請求する

お問い合わせ

0120-567-169(受付時間 9:00〜 18:00)

フリーダイヤルフォームでのお問い合わせ

トレンド新着情報
カテゴリー別